僕だけがいない街5話ネタバレと感想

僕だけがいない街5話あらすじ

学校を結欠席した雛月加代は、
誘拐ではなく母親に虐待されていのちを 落としてしまっていた。
悟は自分の無力さを感じるとともに自分にもっとできることがあったのではないかとおもっていた。
それと同じタイミングで中西彩も誘拐されて行方不明にんってしまっていた。
18年前の繰り返しでありせっかくリバイバルしたのに名にも変えられずにおわってしまう。
悟は何もできずにおわってしまう。
雛月の母親が捨てたゴミ袋には雛月が悟にプレゼントする予定だった手袋があった。。
悟はやりきれない思いでその場を急いでにげた。
そしてそのあと悟をまちうけていたものとは。。

僕だけがいない街5話を見た人の感想

僕だけがいない街の5話を見た感想を述べていこうと思う。
伏線がばりばりあるのはよく分かったけど、
いまのところ誰が犯人なんだろうかとおもってアニメを見ている。
あいりが放火されて死ぬかもしれないとかw
雛月を救わないと母親もすくわれないという設定なんだろうなと思う。

僕だけがいない街をみたけどおもってっもいないような展開で驚いたよ。

僕だけがいない街 5話を見た感想について
主人公は母親殺しの容疑者として警察から追われているし
愛梨は八代に家を放火されてしまうし
店長は鼻血だしてやばいし
僕街まじで最高っしょ。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする